企業側は従業員に対して健康診断を実施することが義務付けられています。健康診断を実施することで従業員の健康を管理するだけでなく、適切な働き方であるかを確認することが可能となるのです。健康診断を実施する方法としては、社内で集団実施する方法や、指定の病院に従業員が個別で受診する方法などがあります。実施方法としては企業の規模や人数、また業種などによって適切な実施方法が分かれます。健康診断ではどんな検査項目を受けるかが決まっているわけではなく、様々な検査項目から必要な検査項目を選ぶ必要があります。また健康診断の費用は企業側が負担しますが、追加で別の検査項目や人間ドッグを受けた場合は従業員が個人で負担することとなります。こうした健康診断を実施するために近年人気を集めているのが代行サービスです。

健康診断の代行サービスとはどのようなものか

企業側にとって健康診断を実施することは非常に手間のかかる業務の1つです。健康診断の実施方法を検討することからはじまり、検査項目を選び、個別で受診する場合は誰が受診したのか、していないのかを把握する必要があります。また健康診断の費用の清算や検査結果の管理なども行わなければなりません。このような業務を全てアウトソーシングできるのが健康診断の代行サービスです。代行サービスに依頼することで健康診断の日程の調整や、病院の手配や支払いなどを行ってもらうことができます。また最近ではWEB上で簡単に受診予約を行うことができる他、企業側も誰が受診して、誰が受診していないかを一目で把握することもできるサービスを提供する業者もあります。個別の様々な要望に対してもスムーズに対応してもらうことができ、企業側の手間を省くことができるのです。

健康診断の代行サービス業者を探す方法とは

今や多くの企業で活用されつつある健康診断の代行サービスですが、代行サービスを利用するためにはどの業者に代行を依頼するのかを決めなくてはなりません。代行業者を探す方法としてあげられるのはインターネットを活用する方法です。近年では健康診断の代行サービスを実施する業者は増加現象にあり、インターネットを活用することで簡単に見つけることができます。代行業者を選ぶポイントとしては近くに提携の病院があるかどうかを確認し、その他のサービスについて比較していくとよいでしょう。いくつか業者をピックアップし実際に見積もりをとり、また担当者の対応やサービスの詳しい内容などの話を聞いてから検討するとよいでしょう。また業者の雰囲気を知るためには、メールで問い合わせをするのではなく電話で問い合わせをしてみることをおすすめします。

専用Webサイト『i-Wellness』をご用意、リアルタイムで健診の進捗状況を確認することが可能です。 健診受診率や保健指導実施率を高めたい! 従業員サイトはスマートフォン・タブレットに対応しています。 全国47都道府県(一部離島含む)に拡がる提携医療機関ネットワークにおいて健診を受診いただきます。 健康診断の代行サービスならウェルネス・コミュニケーションズ