最近、健康診断の代行サービスが注目されるようになりました。健康診断は、その実施が企業に義務付けられています。企業の担当部署は、社内の各部門の業務状況を確認しながら健康診断実施の日程を決め、社内に周知徹底を図らなければなりません。中には、突発的な業務の都合で、どうしても受診できない社員も発生します。さらに、受診した社員の中には、要再検査の判定が出るケースも有ります。当日に受診できなかった社員を確認して、追加実施の対応を考えることや、要再検査の判定が出た社員の二次受診まで管理するとなると、相当な手間がかかることになります。健康診断の代行サービスは、これらの煩雑な業務をまとめてアウトソーシング可能なサービスです。健康診断実施後の労働基準監督署への報告なども含めて対応してくれるので、企業側の煩雑な手間が解消されることになります。

代行サービスは会社にも社員にも多くのメリットが有ります

健康診断の代行サービスを探す場合は、インターネットでも多くのサービス会社を検索することが出来ます。また、事業所によっては、すでに代行サービスの会社から案内を受けている所も有るでしょう。まずは、気になったサービス会社を複数ピックアップして、話を聞いてみることをお勧めします。比較することによって、自社に合うサービス会社が見えてきます。健康診断の代行サービスの特徴として、健診表の書式を統一しており、全国に多くの提携医療機関を有していて、どこの医療機関で受診しても、同じ書式となります。したがって、いくつかの県にまたがって事業所や工場を有している会社にとっては、健診表の確認や保管が容易になります。これまで健康診断と言えば、決まった日に健診の全社一斉に行うことが基本でしたが、健康診断の代行サービスを使うことにより、社員が都合の良い時間に提携医療機関で受診することも出来るようになっています。

さまざまな代行サービスを用意しており、利用方法も簡単です

健康診断の代行サービスの内容は、多くの種類が有ります。社員に対しては、まず、受診の案内をし、予約を受け付けて医療機関への手配をします。料金の精算代行もしてくれるので、社員が個別に精算する必要も無くなります。健診結果が出れば本人に通知を送り、結果内容によっては相談も受け付けてくれます。会社に対しては、健診結果を電子化してまとめてくれますし、管理台帳を作ってデータベース化が可能です。また、労基署への報告用資料も作成してくれるので、健康診断の業務での手間が無くなります。工場や営業所など、さまざまな事業所を有する会社には、その事業場に必要な健診コースを設定することが出来ます。そしてその利用方法は簡単で、多くの健康診断の代行サービスの会社が、24時間いつでもWEBでの予約が可能なシステムを備えています。