健康診断は労働安全衛生法で義務付けられています。事業者は1年に一度、社員に健康診断を受けさせる義務があります。担当者はその時期になると、通常業務の他にリスト作成して病院側と折衝することも業務に加わります。日程調整は一度で済まない場合は数回に渡ることもあるかもしれません。受診していない人の確認、支払や検査結果のまとめなど、毎年同じ業務で時間をかけてしまっては本来の業務が遅滞してしまいます。健康診断の代行サービスという業種はそういう担当者の方の手間を省きその上でプラスアルファの業務をこなして頂けます。健康診断の代行サービス会社はインターネット検索や病院への問い合わせで見つけられますが、自社の規模と提供していただくサービスを良く調べて、見積もりをして頂いた上で選びましょう。

健康診断の代行サービスについてご説明します

健康診断は企業義務であると先ほど述べさせていただきました。代行サービスってどのような事をして頂けるのか?と、初めて聞いた人は思われるでしょう。取扱会社によって違いがあるかもしれませんが健康診断の予約、予約状況の把握、清算して健康診断結果の回収を致します。健診結果の分析もして頂けるそうですので今後の生活に役立つ事が出来るでしょう。会社で健康診断を申し込みした場合は健康診断のメニューが固定されて、測定したいメニューが受けられない場合がありますが、健康診断の代行サービスは医療機関とのネットワークがあるので、希望する医療機関で受けることができるそうです。もうひとつの利点は、「巡回型」のサービスです、健康診断には病院で受ける「施設型」と検診車で受ける「巡回型」があります。会社付近に医療機関がなくても「巡回型」は健診車で健康診断を受けられるそうです。

サービスのメリットやデメリットをご説明します

健康診断の代行サービスは、医療機関を選べるというメリットがあります。かかりつけの病院がある場合は同一の医療機関で検査して頂いたほうがストレスもなく、気軽に受ける事が出来るのではないでしょうか。問診票も統一フォームを利用し、検査結果の問い合わせや2次検査の提案もしてくれます。最終的な結果だけを会社へ提出するそうですので、本来の業務に専念できます。代行サービス会社も大企業向けや中小企業向けなど、たくさんある中から選ぶ事と思います。良いサービスだと申し込んだら高かった。ということもありえます。大企業向けのプランを中小企業が利用した場合は高額料金となってしまいますので、従業員の人数とサービスの内容を考慮して、サービス内容を選びましょう。必ず見積もりして頂いた上でサービス会社を決めてください。