各種健康診断や人間ドックの予約や変更、支払いの処理、結果の送信など、総務や人事担当者がこれまで手を焼いていた健康診断の調整業務の代行サービスを請け負う業者が増えています。社内担当者が行う以上に健康診断関連のフォローができる場合もあり、切り替える企業も少なくありません。社員数が多い企業の場合は、それだけ事務処理に時間と手間がかかります。全国に拠点がある場合などは、地域によっては医療機関が見つからないこともあります。社員のために大切なこととはいえ、担当者への負担は大きなものとなるでしょう。社員の健康を一元管理できるシステムや事務処理の代行サービスを導入することで、負担を確実に減らし、コストを削減することができます。ここでは、導入に失敗しないための各代行サービス会社のサービス内容をご紹介します。

健康診断代行サービスで提供されるサービス

予約をネット上でできるサービスや、ネット上で本人や担当者が予約情報を確認できるサービス、健康診断の結果を本人が確認できるサービス、ストレスチェックやアンケートも合わせて実施できるサービス、検診後のメタボ対策などのアフターフォロー、各種申請書類や報告書類の作成、産業医や保健師の紹介など、提供される代行サービスはさまざまです。これまで社員がその場で費用を払っていたような場合は、支払いの処理を代行してくれるサービスに任せれば面倒な事務処理からも解放されます。大手の代行サービス会社だと全国に数千箇所以上の連携医療機関がある場合もあり、予約が取れなくて苦労することもありません。健康診断の代行サービスの利用により、社員それぞれの受診にかかる負担と担当者の煩雑な事務作業の負担を軽減するだけでなく、受診率の向上も望めるでしょう。

代行サービスを適切に選んで、社員の健康管理を

上記のような健康診断の代行サービスの中で、自分の会社にとって必要なサービスや効果的なサービス、費用対効果の高いサービスは何かをよく考えて、代行サービスを探しましょう。データ分析までしてくれる代行会社であれば、健康管理に役立てることができます。現場担当者の意見のヒアリングも欠かさず行いましょう。比較サイトなどを利用するのもおすすめです。会社が大きくなれば社員は増え、社員一人ひとりの健康状態の把握や管理は難しくなってくるでしょう。しかし、働く人の健康を守るための社内の施作は、事業主の義務でもあります。また、何かが起きる前の予防的取り組みは、結果として業務に支障をきたすことを未然に防ぐことにつながります。すべての社員が健康で快適に業務に従事できるよう、信頼して健康診断業務を依頼できる、頼れる代行サービス会社を見つけましょう。